« 『一ノ瀬トロミの学校潜入レポート』(一枚) | Main | 『生徒会室にマンドラゴラはたたずんで』(三枚) »

2004.03.29

『厚切りバナナ・トリップ』(三枚)

 まぶたを閉じ、そして開く。こんな行為を何度繰り返しても目の前のバナナの皮は厚切りステーキに変わったりはしなかった。
「貧乏が、うらめしいぞ~」
 雪の降る深夜の研究室で、俺は誰にも聞こえない恨み言をつぶやいた。
 卒業研究の締め切りまであと二週間だというのに、俺のはまだいいところ道半分来たかどうかというところだった。教授の定期チェックを適当なでっち上げでのらりくらりと逃れてきたツケが、ここに来てぐろぐろと効いてきた。
「バイトもできないし、とにかく金がない。ひもじい」
 ラジオをつけるとヒップホップの有名な曲が流れた。そういえばこの歌手は麻薬容疑で逮捕されたことがあったっけ……。
「バナナの皮って、ドラッグになるんじゃなかったかな?」
 ひもじさを忘れたいあまり、俺はそんなことを口走っていた。
「バナナの皮なんて毒性もほとんどあるはずないし、ちょっとくらいなら構いやしないだろうし、それに俺はもうバナナの皮でもいいから食べてしまいたいほど腹が減っているのだ、いるのだったら!」
 そうだ、バナナの皮でトリップしてバナナの皮を厚切りステーキだと思って食ってしまおう……俺の妄想がそんな危険水域に達したとき。
 ドッスーン。
 屋上で音がした。俺の目は一気に覚めた。悪友がどこかの漫画で読んだという知識を持ち出して、屋上に水をまいて氷を張り、スケートリンクを作ったのだった。さっき何かを叫んで屋上に飛び出していったと思ったら、本当に滑ったのか。そして転んだのか。
 あいつも相当追いつめられているよなあ、と思いながら、俺はバナナの皮にちらっと視線を走らせる。

 黄色い夢は、スローモーションのように回転しながら宙を舞い、ゴミ箱へと吸い込まれて消えていった。


-了-

(『作家でごはん!』【三語即興文in鍛練場】投稿作品
 ルール:「バナナの皮」「厚切りステーキ」「ヒップホップ」追加ルール「誰かを転ばしてください」)


|

« 『一ノ瀬トロミの学校潜入レポート』(一枚) | Main | 『生徒会室にマンドラゴラはたたずんで』(三枚) »

SS(三語即興文)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17870/365305

Listed below are links to weblogs that reference 『厚切りバナナ・トリップ』(三枚):

« 『一ノ瀬トロミの学校潜入レポート』(一枚) | Main | 『生徒会室にマンドラゴラはたたずんで』(三枚) »